季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

梅仕事

ものすごく簡単な梅ジャムの作り方と活用法

投稿日:2018年6月8日 更新日:

…梅ジャムを作ります。

それもとてつもなく簡単な方法で作ります。

フードプロセッサーとか、まな板と包丁なんて使いませんよ。

鍋と、味噌漉し(みそこし)と、スプーンで、男らしく作ってやりますよ。

昨日買ってきた、青々とした立派な古城梅。

梅のエキスが出やすく、青いダイヤとも言われる品種です。

夜の内に、梅ジュースでも仕込もうとアク抜きのためたくさんの水に浸けていました。

アク抜きをしている2時間くらいの間に、子供とお風呂に入ったり、絵本読んだり。

そのうち子供が眠たいとぐずりだし、一緒にお布団へ…

そうです。

そのまま寝てしまいました。

翌朝「良く寝た~」とキッチンへ…

梅ジャムの作り方簡単1

はい、ど~ん。

水に浸けすぎて、傷んじゃいましたとさ。

そんなわけで、きれいな綺麗な青梅を傷物にしてしまって、私の心も傷心しております。

だからといって、その梅を置いておいても、さらに傷んでくるだけです。

ここは加熱加工しかありません。

今回は丁寧に作る気力がないため、めちゃくちゃ簡単に作っちゃいます。

ものすごく簡単な梅ジャムの作り方

梅ジャムの材料

  • 傷んだ梅 :500g
  • 砂糖   :300~500g
  • レモン汁 :大さじ1

鍋はホーローかステンレス製を使います。

お砂糖の量とレモン汁はお好みでどうぞ!

簡単な梅ジャムの作り方手順

ヘタを取る

梅ジャムの作り方簡単2

この先、一粒ずつに向き合うことはありません。

このヘタを取る際に、あまりにもブニブニに柔らかくなっている梅や、傷みすぎている箇所があれば取り除いて下さい。

※ヘタを取るときのアイテムは、竹串がおすすめです。

つまようじだと、結構すぐに先がくにゃくにゃになります。

アクを抜く

アクを抜きます

もうアクは出尽くしている、そんな気もするけれど…

出来るだけたくさんの水と一緒に火にかける

お湯が熱いと感じたら水を入れ替える。

今回はアク抜き1回で終了

 

砂糖と煮る

鍋にざっと水気を切った梅、砂糖をざらざら入れ、弱火にかけます

砂糖を入れて弱火に

5分ほどで水分が出てきます。

梅ジャムの作り方簡単

スポンサーリンク

さらに煮る

アクをとります

10分ほど煮ると、アクがたくさん出てきます。

アクが残っていると、えぐみがでるので、ちょこちょこ取ります。

アクがあらかた取れたら、鍋をぐるぐる混ぜて実を崩します。

ある程度崩せたら…

 

種を取る

梅ジャムの何が手間かというと、種を取り除いてペースト状に、なめらかにする工程かと思います。

今回はこの工程、ざっくりといきます。

なんせもう気力が残っていないのですから。

梅ジャムの作り方簡単に

味噌漉しに、種やら大きめの皮やらを入れ、ぐるぐるかき混ぜます

       ↓

梅ジャム簡単

あらかた種のみになったら、捨てます。

これを2~3回繰り返す

仕上げ

アクを取りつつ煮詰める

  • 味を見て砂糖を追加する
  • とろみがつくまで煮詰める
  • 火を止める直前にレモン汁を加える

梅ジャム完成

保存容器に入れ完成です。

梅ジャムの完成

【味見】梅ジャムを薄めてジュースに…

梅ジャムの作り方簡単ジュース

鍋に200ccほど水を入れて、こびりついて保存容器に移せなかったジャムを溶かします。

そしてコップに移して味見しまーす。

さっぱりした酸味と甘すぎない風味が、大人にはちょうどよい味です。

今回は砂糖を300g入れて作りました。

子供と一緒に飲むなら、もっと甘めに作ってもよさそうです。

梅ジャムの活用法

  • パンに塗って
  • ヨーグルトに入れて
  • 薄めて梅ジュース
  • 濃いめに薄めてシャーベットに
  • 料理の調味料に

などなど

梅ジャムの使い道はたくさんあります。

今回は捨てちゃいましたが、種を醤油に漬ければ梅醤油になります。

料理の味付け、ドレッシングに使える、さわやかな風味の醤油が出来上がりますよ。

簡単な梅ジャムの作り方のまとめ

今回手に入った梅が、あまりにも綺麗な青梅(古城梅)だったものだから、だめにしてしまって、がっかりです。

でも梅にはたくさんの使い道があります。

私みたいに、梅のアク抜きに失敗した方も、あきらめずに加工してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-梅仕事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー