季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

梅仕事

梅干しに入れるもみしその作り方と赤く染めるコツ

投稿日:2018年7月11日 更新日:

梅干しのもみしその作り方

梅干しを赤く染めるために必要な「もみしそ」。

塩と赤しそ(梅酢がなければ、お酢も)をよく揉むだけで、できてしまいます。

市販品もありますが、手作りのもみしそは何と言っても香りが強い

本当に手軽にできるので、夕飯の品が一品増えたと思って作ってみては?

スポンサーリンク

梅干しに使うもみしその作り方

もみしその作り方は、本当に簡単。

洗って塩で揉むだけです。

【今回の材料】

  • 赤しそ※葉だけ  :約250
  • 塩        :小さじ6
赤しその量は、梅の量や好みによって大きく変わります。今回は梅1kgに対して赤しそ250g、紫蘇だくです。
【赤しその作り方】

  1. 赤しそをきれいに洗い、水を切る
  2. 塩を小さじ3ほど入れる
  3. ぎゅっぎゅっと紫蘇を揉む
  4. 赤しそから出てきたどす黒い汁を捨てる
  5. 2、3、4、をもう一度繰り返す
  6. 最後にぎゅっと絞って梅が漬かっている容器へ入れる
そんな手順でやっていきます。

きれいに洗った赤しその水を切る

赤しその裏が緑色の裏しそ

茎を取り除き、葉だけを集める。

たくさんの水を使って、じゃぶじゃぶ洗い水気を切る。

塩を入れて揉む

梅干しのもみしその作り方と使い方と必要な量

塩を小さじ3ほど入れ、ギュッギュッとしっかり揉む。

梅干しのもみしその作り方と使い方と必要な量1

気が済むまで揉む。「わしっわしっ」

梅干しのもみしその作り方と使い方と必要な量2

ギューギュー揉むと、泡と黒い汁が出てきます。

気が済むまで黒い汁を出し切ったら、ギューッと固く絞ります。

出てきたどす黒い汁は、赤しその”アク”です。

不要なので廃棄します。

シンクへジャー。

スポンサーリンク

もう一度塩を入れて揉む

梅干しのもみしその作り方と使い方と必要な量4

もう一度塩を入れます。

分量は、一度目と同じく小さじ3ほど。

そしてまた、しつこいくらい揉みます。

「紫蘇揉み」ですから。

出てきた黒い汁は捨てるので、気が済むまで揉んだら赤しそをギューッと絞ります。

※2度目の塩を入れる前に、ぎゅっと固く絞ったシソをほぐしておくと揉みやすいですよ。

梅酢に合わせる

梅干しのもみしその作り方と使い方と必要な量5

ぎゅっと絞った「もみしそ」これをほぐしながら、たっぷりの梅酢の中へ、赤しそをちぎるようにほぐし、梅酢(袋の中にある水分)で洗うように入れていきます。

赤しそはお酢に触れることで、赤く綺麗な色を出します。梅酢を袋から100ccほど取り出して、”紫蘇揉み”をしたボウルの中で赤しそと合わせ軽くもみ、発色させても良いと思います。
 梅酢に赤しそが浸かっていれば、問題ありません。 

もみしその置き方は、

梅の上を覆うように、もみしそを広げておく

中の梅を取り出して、梅、もみしそ、梅、もみしそ、と交互に重ねていく

など家庭によって、入れ方は様々ありますが、梅酢に「もみしそ」が浸っていれば、梅酢が赤く染まり(赤梅酢)、そこから梅も赤く染まります。

梅干しのもみしその作り方1

このまま10日ほど置いて、しっかり赤く染まったころ土用干しをします。

土用干しまで置いておく

土用干しをする時期は、土用入りしてから。

例年7月20日~8月6日頃になるかと思います。

土用干しをする時期や意味を詳しく知りたい!ならこちらをどうぞ!

梅干し作りで土用干しをする時期と意味

土用干しのやり方はこちら↓↓

梅干しを土用干しする方法

梅を赤く染めるコツ

赤しそが足らないわけではないはずなのに、なぜか梅干しが赤く染まらない…。

 その原因は、アク抜き不足かもしれません。 

赤しそのアクを抜く、紫蘇揉みをしっかりして、黒い汁を出してしまいます。

握力の弱い方は、2回でなく3回、アクを抜きのため紫蘇揉みをしても良いと思います。

また最後に、もみしそをギューッ!と固く絞ることも大切です。

せっかく揉んだ赤しそなのに、アクがたっぷり含まれた汁が、梅酢に入ってしまうと意味がなくなっちゃいます…。

力の弱い方なら、料理用のさらしや手拭いで”てるてる坊主”のように包んで、ぎゅっと絞ってもいいかもしれませんね。

梅干しに入れるもみしその作り方のまとめ

梅干しに入れるもみしそは、洗って、塩を入れて、もむだけ。

本当に簡単にできます。

もみしそから自分で用意すると、紫蘇の風味がしっかり効いた、梅干しに仕上がりますよ。

スポンサーリンク

-梅仕事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

青梅のこと

青梅と完熟梅の違いその使い道や品種ごとの特徴

目次1 青梅と完熟梅の違いと使い道2 完熟梅といえばフルーティーな香りの南高梅2.1 完熟梅で出回っている品種【南高梅以外】2.2 完熟梅のほうが向いている加工法は?3 青梅の品種3.1 青梅のほうが …

完熟梅ジャムの作り方簡単で美味しい10

完熟梅ジャムの作り方を紹介~簡単に美味しいジャムが完成

産毛が水をはじいて水まんじゅうのよう… 暑くなってくると、梅も完熟梅が目立ってきますね。 スーパーの売り場からかぐわし香りが~ 至福の季節です。 そんな完熟梅をつかって、甘酸っぱ~い完熟梅ジャムを作り …

梅ジュースは青梅完熟梅

梅ジュースは青梅と完熟梅どちらで作る?失敗しない作り方のコツ

梅ジュースって飲んだことありますか? 美味しいものは梅の酸味が程よくて、冷たくして飲むと、身も心もすっきりさっぱりです。 家庭でつくられることが多いので、家庭の味が楽しめるのも良いですよね。 今年も梅 …

南高梅の由来

南高梅の由来と種類と栄養のこと

今回は梅干しに使われる梅の人気品種、南高梅にクローズアップ! 数ある梅の種類の中でも南高梅は大人気。 贈り物にしても喜ばれますし、家庭で加工しても楽しめます。 今回はそんな 南高梅の由来 南高梅の種類 …

梅干しの作り方

梅干しの作り方しそを入れて土用干し【昔ながらの方法】

目次1 梅干しの作り方~基本の分量~2 梅干しを漬ける道具と材料3 梅干しの作り方1.梅を塩漬けにします3.1 完熟している梅で梅干しを作る3.2 梅を洗って綺麗にします3.3 梅を塩漬けします3.4 …

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。