季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

梅仕事

梅干しに入れるもみしその量と入れるタイミングに使い方

投稿日:

梅干しに入れるもみしその量

赤い梅干しを作るために、どれくらいの赤しそを用意したらいい?

梅を赤く染めあげた後、もみしその使い道は??

今回はそんなお話です。

梅干しに入れるもみしその量はどのくらい?

梅に対して赤しその量は、好みによって変えても大丈夫です。

しっかり赤く、紫蘇の香りも楽しみたいなら、梅の重さ10に対して、紫蘇の重さ2~3ほど。

こだわりはないなら、梅の重さに対して赤しその量は、10:1でも色は赤く、紫蘇の風味もしっかり付きます。

田舎では10kg程度の梅に対して、200gの赤しそしか使わない方もいました。

※市販品のもみしそなら、袋に書いてある分量で用意してください。

わたしはしっかり赤く、紫蘇の風味を楽しみたいので、1kgの梅に250gのしその葉を使いました。

真っ赤にな~れ、真っ赤にな~れ、

梅干しに入れるもみしその量は、本当に好み次第です。

土用干しの時に、赤しそも一緒に干して「ゆかりふりかけ」を作るのが目的の方は、赤しそはもりもりたくさん入れています。

もみしそを梅干しに入れるタイミングは?

梅を塩に漬けて10日ほどしたころ、梅酢(梅から出た水分)がたっぷり出てきたら、もみしそを梅干しに入れるタイミングです。

スポンサーリンク
もみしそは梅酢と合わせることで、きれいな色が出ます。

もみしその使い方

梅や梅酢が赤く染まったら、梅干しとしてのもみしその役目は完了です。

じゃあ、その後のもみしそはどう使ったらいい?

美味しい活用法がありますよ!

よく作られているのは、「ゆかりふりかけ」です。

土用干しの時に、紫蘇も一緒に干してカラカラにしてから、細かくします。

塩気が足らなかったら、新たに塩を足して、

好みで、じゃこやゴマを足しても…。

わざとカラッカラにせず、適当に引き上げ「ソフトふりかけ」にして楽しむのもアリです。

土用干しをせずに、梅漬けを作る方もみえますよね。

そうすると、もみしそもずっと梅酢に浸かったままになります。

実はこっちのほうが、風味が飛んでいなくて美味しいんですよ。

使うときに紫蘇だけ取り出して、利用することになります。

細かく刻んで

  • 軽く塩でもんだ野菜とあえて、紫蘇の風味が美味しい漬物に、
  • マヨネーズと少しのお醤油かソースと混ぜて、肉や野菜へかけるソースに、
  • 「ゆかりふりかけ」のように、ご飯に混ぜておにぎりに、
  • チャーハンに混ぜてさっぱり風味に、

紫蘇の風味を楽しめる、体に良い一品になります。

梅干しに入れるもみしその量のまとめ

梅干しに入れるもみしその量は、少なくても多くても大丈夫!

好みによって決められます。

もみしその作り方はこちらから↓

梅干しに入れるもみしその作り方

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-梅仕事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー