季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

レジャー

石鏡第一ホテルの部屋食での夕食~デラックスな海の幸

投稿日:

今回の旅の目的は「三重の海の幸堪能」です。

そのため、プランはまるっと伊勢海老&鮑デラックス会席ー

楽天スーパーセールで、このプランのみが50%オフだったからというのもあってデラックスなのです。

デラックスの響きに期待!

石鏡第一ホテルの夕食

ではでは、順番に夕食をいただきましょう~

配膳係のお姉さんがいそいそと並べてくれました。

さっそく持ってきてくれたのは、

船盛と前菜たち

石鏡第一ホテル部屋食での夕食1

ぐぅっ絶望的なカメラの腕!…は置いといて。

内容はアワビ・タイ・タコ・マグロ(よこわかな?びんちょうかな?どっちにしても生!※んまい!)・イセエビ・ウニ

豪華~っそしてどれも美味しい~!

ウニも臭みがなくて、タイも身がしまって甘みがあります。

中でもイセエビは絶品です。

あまーいっ
石鏡第一ホテル部屋食の夕食伊勢エビのお造り

これにはビールが緊急出動です!

がんもや冬瓜の炊いたんも味がしみています。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食2

 

石鏡第一ホテル部屋食での夕食3

 

↑山椒とアナゴ

さっぱり目の味付けと山椒の程よいピリピリが箸休めにピッタリ。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食9

↑岩ガキ

写真は一口食べちゃった後。

めっちゃ大きくて、片手の掌くらい。

ポン酢でさっぱり、でも噛むと海のミルクがじわ~っ

冷たいうちのが美味しいから、ほかにもいっぱい食べるものあるけど配膳されたら早めに食べたい。

 

次に運ばれてきたのがこの人たち。

どうやらしゃぶしゃぶするみたい。

左から、サワラ・ワカメ・キノコやネギなどの野菜たち。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食4

 

ふむふむ…

どれ、いただいてみましょ。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食5

サワラや野菜ももちろん美味しかったんだけど、びっくりしたのがなんとワカメ。

え。ワカメってこんな美味しいの?

思わず食事を配膳してくれるお姉さんに「このワカメって普通に売ってるもの?」と聞いてしまったくらい。

どうやらこの春に収穫されたもので、まだ市場に出回っていないものなんだそう。

※訪れたのは7月上旬です。

なんとも柔らかく芳醇なうまみを持ったワカメさんなことよ…。

目を閉じワカメをかみしめている間にも、配膳のお姉さんはせっせと食事を運んでくれています。

何やら火をつけたぞ?

 

出たー!

アワビの残酷焼き!

石鏡第一ホテル部屋食の夕食あわび

火をつけて10秒くらい?

くね…くねくね。

くねくねくねくねぐるんぐるんっ。

 

暑いよね。ごめんねぇ

でも、大丈夫だ。君の死は無駄にしない!

アワビの残酷焼き1

 

フォークとナイフで軽く切れる…。

味付けは何もせず。海の塩味でいただきます。

柔か…そしてんまっ。

スポンサーリンク

焼き上がりはお姉さんが判断してくれるから、安心して他の料理に舌鼓を打っていられます。

ありがたや~

ふと、アワビにくっついてる緑色のは何?と聞いてみるとどうやらアワビの肝で「アワビが食べたワカメなどの海藻の色素ですよー」とのこと。

さっき食べたワカメの美味しさから、このアワビの美味しさにも納得したのでした。

さあさあ、どんどん海の幸はやってきます。

ドドン!

伊勢海老の姿焼き

石鏡第一ホテル部屋食での夕食8

大きい…

配膳のお姉さんに「大きいねーっ」と思わず声をかける酔っ払い(私)

「今週から急に一回り大きくなったんです。私たちもびっくりしてるんですよ」とのこと。

嘘でも嬉しい情報です

既にお気づきでしょうが、今回の配膳してくれているお姉さんはすごく感じがいいんです。

これだけで居心地の良さ5割増し。

だからといって酔っ払って色々聞いてごめんねー(汗)

 

お皿の端っこに添えられた”きんぴらごぼう”が何ともホッとできる箸休めです。

そしてそして、まだある。

和牛陶板焼き

石鏡第一ホテル部屋食での夕食15

じゃかじゃん!

肉厚でいかにも美味しそうなお肉を目の前で焼きます。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食10

 

ジュージュー。

さっぱり目の焼き肉のたれでいただきます。

んんーっ

※幸せホルモン分泌中…

普通海の幸がメインならお肉はそこそこかと思いきや。

んまいです。

柔らかくて、脂身も程よくてうまみしっかり…。

メインの海の幸にタイマン張る勢いでんまいです。

茶碗蒸し揚げ物デザート…

出てくる出てくる。

実は「伊勢海老の姿焼き」あたりから、若干いっぱいいっぱいなんだけど、まだ出てきます。

幸せ過ぎてあたい怖い。

胃袋から(嬉しい?)悲鳴が…

じゃじゃんっ!

石鏡第一ホテル部屋食での夕食11

 

↑一見地味に見えるかもな茶碗蒸し。上にアンがかかったタイプです。

これが出汁が効いてて何気に美味しい…。

お子様ディナーはほどほどに切り上げ、ちょくちょく大人の食事をつまんでいた息子が目の色変えて飛びついてました笑

こどもって正直…

 

次は

季節の揚げ物

おっきなおっきなエビフライです。

写真を撮っていません…。

きっと気持ちよくなっていたのでしょう。

覚えているのは、長さ20センチ、幅5センチを優に超える大きさのエビフライで、しかも車エビだったということ。

このころから配膳のお姉さんが「持ってきてもいいですか?」と聞いてくれるようになったこと。

多くの客さんがこの辺りで「…ギブ。」といったかはわからないけど、食べきれなくなってしまうそうです。

だけどうちは家族全員、エビフライまでペロリだったことを記憶しております。

外サクサク、中ぷりぷりで大変美味しかったことも覚えております

デザート

最後はプリンです。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食13

 

手作り感のあるプリンは美味しい!

最後は子供が美味しそうに2人分食べてくれて終了ー。

まとめ

海の幸を存分に堪能できた今回のお泊り。

ちなみにホテル名&プランは…

石鏡第一ホテル神倶良(かぐら)

まるっと伊勢海老&鮑デラックス会席プランです。

石鏡第一ホテル部屋食での夕食12

↑最後のご飯は「食べれません…」

というと特にお願いしてないけど、おにぎりにして持ってきてくれました。

そして子供が寝る前にむしゃむしゃ食べてしまったとさ。

 

凝った料理というより、素材の味を活かしてるメニュー。

「海の幸を堪能したい」なら大満足のホテルです。

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-レジャー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー