季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

七五三

七五三の千歳飴と袋の作り方~子供と一緒に楽しく作ろう!

投稿日:

七五三の千歳飴と袋の作り方

千歳飴の袋は、幼稚園でも園児が手作りしますよね。

袋に入れるのは飴だけなので、頑丈に作る必要はなし。

気軽に作れるのが嬉しいところです。

また、千歳飴も手作りできるんですよ。

簡単な作り方を紹介します。

千歳飴も袋も簡単なので、休日に子供と一緒に作ってもいい思い出ができそうです。

スポンサーリンク

七五三の千歳飴と袋の作り方

千歳飴の作り方

七五三の千歳飴の作り方引用:七五三☆娘とこねこね千歳飴

【千歳飴の材料】

  • 水あめ         :50g
  • クリーミングパウダー  :80g
  • 練乳          :20g
  • 塩           :ひとつまみ
  • 赤くするなら食用色素  :ほんの少し
クリーミングパウダーといわれると、真っ先に思い浮かぶのは、”クリープ”や”マリーム”。

コーヒーに入れる粉状の、クリーミングなお味の、あれです。

【千歳飴の作り方】

スポンサーリンク
  1. 耐熱ボウルに水あめをしれてレンジで加熱
  2. クリーミングパウダー、練乳、塩を加えて混ぜる
  3. 材料を半分に分けて、片方に赤い食用色素を入れて混ぜる
  4. 冷めたら台に出して分量外のクリーミングパウダーを打ち粉にしてこねる
  5. 長く伸ばして好みの長さにカット、オーブンシートに並べ冷蔵庫で冷やす
千歳飴すら手作りできるなんて、やり手のママって感じです。

詳しい作り方はこちら↓

七五三☆娘とこねこね千歳飴

千歳飴の袋の作り方

千歳飴の袋は、中に入れる飴も軽いので手作りで簡単に用意することができます。

メインの材料は画用紙で、サイズは縦50cm、横12cm程度がよさそう、と個人的には思いますがいかがでしょうか。

この辺りも好みで作れるのが、手作りの良さですよね。

【材料】

  • 画用紙
  • 千代紙など和柄の折り紙
  • 両面テープやのり
  • ハサミ
  • 定規
画用紙を縦50cm、横24cm(のりしろ部分で+1cm)に切り取り、のりや両面テープで張り合わせて袋状にします。

(のりしろ部分は、内側になるように折り曲げたほうが綺麗に仕上がりますよ。)

取っ手の部分も画用紙で、わっか状に切り取って貼り付けます。

基本の作り方は以上です。

デザインは、千代紙や和柄の折り紙などをたくさん貼り付けます。

折り紙で鶴や亀をおって、貼り付けてもよさそう。

千代紙をたくさん貼り付けて、「和」を前面に出したデザインが好みですが、この辺りは子供と一緒に作っても楽しいので、子供の感性が爆発した作品になるかも。

それも微笑ましいものになりそうです。

七五三の千歳飴と袋の作り方のまとめ

千歳飴って大人になって思い出すと、懐かしくて「久しぶりに食べたいな~」と思わせる味です。

それがお母さんとの手作りって、いいですよね。

七五三がより良い思い出になりますように。

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-七五三


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー