季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

夏の庭仕事

家庭菜園8月の作業~種まきと苗の定植と収穫できる野菜

投稿日:

家庭菜園8月の作業

家庭菜園を楽しむ人にとっては、8月は1年の中でも屈指の忙しい時期になりますね。

初夏に植え付けた夏野菜の収穫に追われ、秋のための土づくりも欠かせません。

そんな忙しい8月に、種まきができて苗を定植できる野菜もあります。

暑さが厳しく、何もしなくても体力を奪われる8月です。

お盆や花火など休めるときにはしっかりと休息してリフレッシュしましょう。

もちろん自分で育てた枝豆と一緒に。

ちなみに、この記事は中間、暖地を想定して書かれています。

実際の種まきや定植は、お住いの地域の気候に合ったタイミングでなさってくださいね。

家庭菜園8月の作業

8月中にずっと続く作業は、草取りと収穫と追肥です。

また8月中旬は収穫の最盛期。

たくさん採れて食べきれないトマトはトマトソースにすると保存もきくし、時短料理に大活躍します。

冷凍保存もおすすめ!

冷凍したトマトは解凍するだけで、皮むきができるんですよ。

料理にらくちんに使えます。

半溶けのシャーベット状態で、サラダにトッピングしたトマトをシャリシャリ食べるのもたまりません。

暑さが厳しい月になるので、花火やお盆など休めるときにしっかり休めてフレッシュしましょう。

花火をみながら家庭菜園でとれた枝豆とビール。

最高ですよね。

収穫

8月の収穫は楽しみが過ぎて、もはや作業?というくらい。

毎日が収穫祭です。

こまめに菜園をチェックしないと、採りごろを逃したナスは皮が固くなりキュウリはお化けキュウリになってしまいます。

大きくなりすぎて、お化けみたいなキュウリって意味ですが…

大きくなった方がお得じゃない?なんて食いしん坊は私だけですかね。

そうなんです。

全然お得じゃないんです。

風味も食感も若いうちに収穫したキュウリにはどうしても劣ります。

お化けキュウリは種が大きくて、果肉は柔らかくてパリッとしない。。

せっかく楽しみに育てた野菜を美味しく食べるためにも、8月は午前中の涼しい時間に、こまめな菜園の収穫パトロールは欠かせません。

いつもは収穫が楽しい家庭菜園ですが、8月になるとあまりに忙しく収穫しないといけなくなるので、楽しいはずの収穫が一仕事になってしまうことも。

そんな時は、家族にも協力を要請してみてはどうでしょう。

収穫だけでよければ、まだ気楽に参加してくれる、かも。

お子さんの場合は食育にもなりますしね!

終了した野菜の片づけ

8月中旬をピークに、夏野菜の株には元気がなくなっていきます。

下旬くらいには、秋に植え付ける野菜の土づくりのためにもう成り終わった夏野菜を抜き取って片付けます。

トマトなど実を収穫し終わって、残った茎や葉が健康であれば、小さく刻んでコンポストに入れてたい肥にできます。

できるのですが。

スポンサーリンク

処分する野菜の茎や葉をたい肥に使うと、土が病気に侵される可能性が出てきます。

それが怖くてうちでは、燃えるゴミに全部入れてしまいます。

ごみ袋に入れるとごみになってしまいますが、たい肥にできれば有用です。

できればたい肥にしたいですよね。

我が家でもこの8月には試してみるので、またレポートしますね。

もちろん、病気になってしまった茎や葉は、燃えるゴミの袋に入れてしまうか、可能であれば焼却処分をおすすめいたします。

8月に種まきできる野菜

キャベツ・ホウレンソウ・タマネギ・コマツナ・ダイコン・ブロッコリー・ニンジン・ハクサイ・ゴボウ・フダンソウ・セロリ・芽キャベツ・カリフラワーなど

意外とたくさん種まきができるので、慌てて夏野菜を処分しないと!

と焦るかもですが、ポリポットに種まきをして育苗をすれば、夏野菜もしっかり楽しめて、土づくりも焦ることなく用意することができるのでおすすめですよ。

【ポリポットに植えて育苗できる野菜】
キャベツ、ブロッコリー、ハクサイなど

特にキャベツは、ポリポットのサイズを変えつつ植え替えを数回することで、より元気に育つという不思議な野菜です。

コマツナやホウレンソウなど葉物野菜もポリポットで育てて、9月に入って定植してもOK。

ニンジンやダイコンなど根菜類は、一度種をまいたらそこから動かさず収穫するほうが無難です。

8月に畑にスペースが空き次第、優先して種まきをしたい野菜ですね。

菜園のスペースの問題と、小さく弱い時期の苗をポリポットで安全に管理できるという利点がありますね。

…根菜類以外。

8月に苗を定植できる野菜

キュウリ

葉ネギ

カリフラワー

ブロッコリー

セロリ

ジャガイモ

などなど。

8月に収穫できる野菜

トマト・ナス・ピーマン・シシトウ・キュウリ・スイカ・メロン・マクワウリ・トウガン・カボチャ・ズッキーニ・シソ・モロヘイヤ・ゴーヤ・バジル・ショウガ・トウガラシ・エダマメなどなど

たくさんあります!

家庭菜園8月の作業のまとめ

8月は草取り、追肥など、野菜を植えているなら当然やらないといけない作業があるうえに、収穫に次ぐ収穫です。

なかなかに忙しい季節です。

嬉しいですけどね。

この暑い季節に、畑仕事は本当に体力を消耗します。

熱中症も無意識のうちに進行していくことがあり油断大敵です。

特に8月は、朝夕の涼しい時間に限定して菜園にでたいですね。

畑仕事あるあるで、収穫だけをするつもりで菜園へ出たら、ついつい誘引や草取りなどほかの作業に気を取られて5分のつもりが1時間なんてことも。

くらくらして、息が浅くなってきたら本格的な危険信号。

急いで涼しい場所へ避難です。

ともあれ、毎日次々に収穫できる8月は本当に素敵です。

嬉しいが過ぎて大変と思ってしまうかもしれません。

楽しい収穫が、負担になってしまうなんて、贅沢な季節ですね。

8月はけしからん季節です。

楽しい家庭菜園を!

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-夏の庭仕事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー