季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

縁起のいい日

天赦日とは?するといいこと不成就日と重なるかは要チェック!

投稿日:

天赦日とは?するといいこと

今回は縁起のいい日といわれる吉日の中でも、スバ抜けて良い日といわれる天赦日のお話です。

天赦日は暦の上で最も強力な大吉日といわれています。

そんな縁起のいい天赦日にするといいこと。

また気を付けることをお話ししていきます。

スポンサーリンク

天赦日とは?

天赦日の読み方は(てんしゃび)といって、読んで字のごとく天に赦される日。

この日は神様が天に昇り、万物の罪を赦す日とされています。

古いカレンダーには「よろずよし=すべてよし」と表記されるくらい、何をしても「お日柄の良い」日です。

いくら天から赦しを得られるからといっても、すべてにおいて無礼講というわけではなく。

自分を高めたり、前向きに行動するのに向いている日です。

新しいことを始めた人が、ぐんぐんと勢いに乗って事を成していくのを中にはねたむ人が出てくるかもしれませんよね。

この日に事を始めれば、ねたまれたりといった抵抗が少なくすむ。そんな日です。

誰かをおとしめたり、犯罪行為に時間を費やすのは、いうまでもなくよろしくないのであしからず。

天赦日にするといいこと

縁起のいい日はたくさんあり、それぞれに「これをすると開運!」といった、その日に向いていることがあります。

中でも「天赦日にこれをするといいよ」といわれていることは…。

和解(仲直り)

開業

縁談

財布を新しくする

新しいことを始める

天赦日に仲直りする

仲たがいをしてしまっている人と、天赦日だから仲直りができる!かというと人間関係なので難しいものがあります。

が、天赦日は天が万物の罪を赦してくれる日です。

ケンカしてしまったどちらの罪も許してもらえそうじゃありませんか?

気まずくなってしまっている友人や、ちょっと気まずい親戚と向き合う日どりを天赦日に合わせてみると関係が回復するきっかけになるかもしれません。

なにより心強く過ごせそうです。

天赦日に開業する

開業、開店、大口の契約などビジネスの節目の日に、選べるなら最もおすすめしたい日です。

力強く前進していけそうですし、なにより縁起のいい日に始めることで、どこかスッキリした気持ちで進めていけます。

立ち止まるような出来事があっても、最上の大吉日に決めたことだと思うと支えの一つになります。

縁談の大切な日にする

結婚や入籍の大切な節目の日にもおすすめです。

入籍日はもちろん、両家の顔合わせや結納など縁談を進める節目の日にも。

日どりがいいと、それだけで気持ちよく過ごせますよね。

財布を新しくする

財布を新調する日は、縁起のいい日にしたいと考える方は多いと思います。

大安や寅の日なども良いと思いますが、天赦日にするのもおすすめですよ。

できればこの日に購入して、この日のうちに使い始めたいです。

スポンサーリンク

財布だけでなく、口座開設、口座開設、クレジットカードを作るなどお金に関する事はじめには申し分ない吉日です。

新しいことを始める

自分でも無意識に我慢していることってありませんか?

例えば、陶芸や生け花、写真。

スカイダイビングや海外旅行。

そんな時間もお金もないし。

どう始めたいいかわからない。

そんな実はやってみたかった、新しいことを始めるなら天赦日が適しています。

趣味でも、副業などビジネスでも、”やってみたかった”ことを始めましょう。

実際始めることができなくても、新しいこと、何がしたいかな?と自分で考えて計画を立てる日にも向いています。

せっかく天が赦してくれる日です。

わくわくすることを考えたり行動しましょう。

またこの日に趣味で始めたことは不思議と続きやすいのだとか。

何事も続けていれば上手になっていきます。

より楽しめる趣味になりますし、仕事に変わってくことだってあり得ます。

次の大赦日に第一歩を踏み出してみては?

天赦日と不成就日が重なるかは要チェック!

暦の上で最も大吉日といわれる天赦日ですが、一つだけ注意しておきたいポイントがあります。

それは、不成就日と重なるか。

不成就日とは「何事も成就しない日」という恐ろしい日です。

せっかくの吉日でも、成就しないなんて影を落とされると不安が残りますよね。

吉日の効果が半減するそうです。

年に5~6回しかない天赦日ですが、不成就日と重なるならその日に大きな決断をするのはおすすめできません。

【注意】吉日に振り回されすぎないで

そもそもの話しになってしまいますが…

特に縁談については、いろんなシーンで双方の足並みをそろえる必要がありますよね。

さらに、顔合わせ、結納、式の日どり、たくさんのことを決めないといけないので本当に大変です。

せっかくなので、縁起のいい日にしたい!と思っても、どうしても都合がつかないこともあると思います。

そんな時は相手の都合も慮りましょうね。

吉日よりも相手の気持ちが大切です。

そのうえで、無理なく選べるのなら、

せっかくなら最も縁起がいいといわれる大赦日を記念日に出来たらいいですね。

古来から暦で吉凶をみて行動するなど、「お日柄」は大切にされてきました。

ですが、あまりに日どりの吉凶に振り回されるためこれを弊害とし、一時期は政府から禁止令が出ていたこともあります。

季節を表す節句以外の、吉日の考え方は占いや迷信に近いものがあります。

占いよりも、これから一緒に過ごす人と楽しくともにあることの方が大切です。

大赦日はとても縁起のいい吉日ですが、この日を節目に出来たらいいなくらい気楽に構えることも大切です。

天赦日とはのまとめ

天赦日とは「天が万物を赦す日」といわれ年に数回しかありません。

入籍日にしろ、開業日にしろ、人生で大きな決断を迫られる日は吉日が良いですよね。

ふと不安になった時、振り返ると最上の大吉日に決めたことだから大丈夫。と信じて進む力になってくれます。

天赦日とは、新しいことを始める日や人生の節目の日をいつにしようかな?と迷ったらおすすめしたい一押しの開運日なのでした。

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-縁起のいい日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー