季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

しそジュース

美味しいしそジュースの簡単な作り方

投稿日:

美味しいしそジュースの簡単な作り方

夏になると毎年、赤紫蘇で作ったしそジュースをのみます。

なんていうと「おばあちゃんみたいなことしてるね~」とか言われちゃいますが、美味しいんですもの。

やめれません。

赤紫蘇の香りと甘さ、酸味が、暑さで疲れた体に染み渡る~~~

5倍濃縮レシピなので、一度作るとたくさん飲めますよ。

スポンサーリンク

しそジュースの材料

  • 赤紫蘇  :一袋
  • 水    :2ℓ
  • お砂糖  :500g
  • お酢   :500g

お砂糖とお酢は、お好みで増減させてOK

美味しく作っちゃいましょう。

しそジュースに使うお砂糖の種類

料理やお菓子作りには、体に良いのでは?という理由から「きび糖」か「てんさい糖」を使います。

でもしそジュース作りだけは、上白糖やグラニュー糖などの白いお砂糖をつかおうかと、悩んでしまいます。

だって、白く精製されたお砂糖で作ると、本当にきれいに赤く発色するんです。

「きび糖」や「てんさい糖」を使うと、コクが出て美味しいものの、色が少しくすみます…。

しそジュースの良さは、この綺麗な赤色もあると思うので、悩みどころです。

しそジュースに使うお酢の種類

しそジュースには穀物酢、米酢などお好みのお酢を使えます。

リンゴ酢を入れるとフルーティー。

またポッカレモンで作っても、穀物酢よりまろやかに、美味しくできます。

スポンサーリンク

入れる量はどのお酢も同じで、味見しながら調整して良いと思います。

レモン汁でつくったら美味しいけど、傷みやすくなるんです。なので冷蔵庫に保管し3か月以内に飲み切るようにしています。

美味しいしそジュースの簡単な作り方

しそジュースの作り方は本当に簡単です。

  1. 赤紫蘇を洗ってきれいにする
  2. 大きめの鍋に水をいれ沸騰させる
  3. 赤紫蘇を入れる
  4. 砂糖を入れ溶かす
  5. 火からおろす直前にお酢を入れる
  6. 保存容器に移して完成
鍋に入れて煮るだけでできちゃいます。

赤紫蘇を洗う

たくさんの水で、ざぶざぶ洗って土などの汚れを落とします。

ぐつぐつ煮る

大きめの鍋にお湯をわかし、沸騰してから赤紫蘇を入れます。

一度に鍋に入りそうになければ、その時に入る分ずつ入れていきます。

全て入ったら15分くらい、アクを取り除きながらぐつぐつ煮ます。

赤紫蘇を取り出す

ざるで濾すか、お箸でつまみ出すなどして、お鍋から赤紫蘇を取り出します。
※熱いので気を付けて

お砂糖を入れる

熱いうちにお砂糖を入れて溶かします。

お酢をいれる

砂糖が溶けたらお酢をいれます。

ここで味見をして、甘さと酸っぱさを調整します。

保存容器に移して完成

保存容器、私は買ってきて使った水のペットボトルへ、完成したしそジュースを戻して保存します。

しそジュースの作り方のまとめ

できあがりは、2ℓほどですが、しそジュースにして飲むときは薄めていただきます。

私は5倍ほどに薄めるので、この量で夏中たっぷり飲めます。

何度もコップに注いで、キャップを閉めて、としていると液だれしたところが固まって、次第にフタをしずらくなってきます。

ペットボトルにしろ、別の保存容器にしろ、液だれしそうな容器ならば、小さめを選んだほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

-しそジュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。