季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

花・ハーブ ハーブ

オレガノの種類と驚きの効能~天然の抗生物質が庭に…!

投稿日:

オレガノは育てやすいハーブ

3年前に庭へ植えたオレガノです。

水も肥料もあげていないにも関わらず、植えた翌年から「わっさーっ」生えてきます。

必要な時に、いつでも新鮮なオレガノが手に入るのは嬉しい限りです。

私は植物を育てることがうまくないので、枯れずに、消えずに、機嫌よく育ってくれる植物を探して、ハーブに行きつきました。

そんな中でも、オレガノは本当に生命力が強い印象です。

植えっぱなしでも、機嫌よく成長してくれます。

「どれを植えたら育ってくれるんだーっ」

と叫びたくなるくらい、植えた植物が枯れてしまう人(←私です)には特におすすめできます。

オレガノとは

オレガノ(oregano、Origanum vulgare)はシソ科の多年草です。

歴史は古く、古代ギリシア、古代エジプトのころから香りを楽しみ、またさまざまな効能が知られていたとされます。

原産 ヨーロッパの地中海沿岸地方
別名 ワイルド・マジョラム
和名 ハナハッカ(花薄荷)
用途 香辛料、入浴剤、グラウンドカバー、ポプリ、ドライフラワーなど

オレガノの種類

オレガノの種類は大きく3つにわけることができます。

オリガヌム類

食用になる種類で、苦みと辛みと力強い風味があります。

マヨラナ属

この種類はオレガノの中でも、最も料理に適しているとされています。

甘くスパイシーな香りが特徴です。

アマラクス類

一般的に「花オレガノ」と呼ばれる種類です。

主に花を楽しむので、料理には向きませんが、きれいな花はポプリやドライフラワーにして楽しむことができます。

食用になるオレガノ

食用になるオレガノ

料理用として良く使われる種類を紹介します。

食べることもできるし、花を観賞用に飾っても、ポプリにしても良しで万能ですよ。

オレガノ(原種) 別名ワイルドマジョラム、とても丈夫で風味はややマイルド
グリークオレガノ 生でもドライでも美味しい、栽培が容易
グリークオレガノ・カリテリ グリークオレガノより、香りが強め
オレガノ・ミクロフィラ 葉は小さめながら良い香り
スイートマジョラム 甘めの香り
ポットマジョラム マジョラムより少し辛みが強い
斑入りマジョラム 葉が白い斑入りでかわいいうえに、料理にも使える、控えめな風味

鑑賞用のオレガノ

鑑賞用オレガノ

古代ローマでは、オレガノを「幸福のシンボル」として、新郎新婦の花冠にしていたそうです。

確かに、鑑賞用のオレガノは非常にエレガントです。

スポンサーリンク

オレガノ・ケントビューティーなんて、緑~ピンクのグラデーションが実に優美ですよね。

オレガノ・ハイブリッド ドライフラワー、リース
オレガノ・ノートンズゴールド 黄色の明るい葉で花壇の縁取りやグランドカバーに
オレガヌム・ラヴィエガツム・ピルグリム 紫に近い濃いピンクの花が美しい、切り花に
オレガノ・ケントビューティー ドライフラワーやリースなどに
ロツンディフォリウム 株もがくも大きめ
ピルケルム 葉も花も小さめ、花はピンク
ディクタムナス 葉色がシルバーなおしゃれオレガノ、花はピンクで小さめ
ネオンライト 花はピンク、立性ですが花が咲くとやや垂れる

オレガノの育て方

育てるときのコツといっても、本当に手のかからない丈夫な植物なので、基本的にほったらかしでも大丈夫です。

水やり プランターは土の表面が乾いたらあげる、庭植えでは不要です。
肥料いテーブル 元肥と花の終わりに追肥をすると、秋の葉の収穫量が増えます
切り戻し ほっておくと横に広がっていくので、収穫を兼ねて切り戻します。
水はけのよい土

病気や虫について特に気を付けておく必要はありません。

オレガノは地中海気候で育つので、風通しを確保してあげる必要があります。

定期的にしっかり収獲しましょう。

ただし切りすぎてしまうと、株が乾燥しすぎて枯れてしまうのでほどほどに…。

オレガノの収穫適期

  • 葉の収穫時期:4~10月
  • 花を楽しめる時期:6~8月
 オレガノは開花直前が、最も香りが強くなるといわれます。 

香りを重視するなら、花が咲く前がおすすめです。

ほっておくとモリモリ育っていくので、葉のある時期は「込み合ってきた」と思ったら剪定を兼ねて収穫します。

オレガノの効能

古くから薬効が知られていて、古代ギリシャ、古代エジプトでも薬草として使われていました。

食べても風味よく、食材がよりおいしくなるうえに、さまざまな健康効果が…。

入浴の際使っても殺菌作用や去痰作用で、肌にものどにも良し。

  • 痛みを和らげる※頭痛、歯の痛み、生理痛
  • 殺菌作用
  • 消化促進
  • 疲労回復効果
  • 癌予防効果
  • 抗酸化作用
昔は薬草として使われていたオレガノです。

現在は薬としては使用されてはいませんが、やはり一定の効能が認められており重宝されています。

オレガノの出身地であるヨーロッパでは、インフルエンザの季節になってくると、店頭の目立つところへ「オレガノオイル」が置かれます。

その理由は、 天然の抗生物質として、その抗菌、抗ウイルス作用が認められているから。

風邪やインフルエンザ、ガンジダやヘルペスなどの感染症にも有効です。

抗生物質は非常によく効きますが、腸内の善玉菌を減らしたりと副作用があります。

そこへ行くとオレガノは、天然素材なので安心です。

自宅の庭で、抗生物質を育てているなんて、興奮します(?)。

オレガノの種類と効能のまとめ

ひとことにオレガノといっても、たくさんの種類がありますね。

料理に使うのか、観賞用に使うのかによって種類を選んだほうがより楽しめます。

ちなみに品種や土、育つ土地の環境等で、風味は変わるそうです。

私の庭に育っているオレガノは、ワイルドマジョラム(原種)です。

住んでいる地方は西日本なのですが、風味はそれほど強くないように感じます。
※多めに刻んでチキンと炒めたり、サラダに入れたりしてもしゃもしゃ食べています。

暑くて、乾燥している土地では、刺激のある強い風味が楽しめるそうです。

あなたの土地では、どんな風味に育つでしょうか。

スポンサーリンク

-花・ハーブ, ハーブ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハーブを乾燥して保存する

ハーブを乾燥させて保存する方法と賞味期限【レンジだと手早く簡単!】

ハーブを育てていると、たくさん収穫できると思います。 剪定を兼ねて、大量に収穫できたら一度に消費するのは難しくありませんか? せっかくなので、ドライハーブにして長期保存してはどうでしょう。 冬の厳寒期 …

5月のハーブチャービル

チャービルの育て方と効能かわいい花には素敵な花言葉も

私のずぼら庭はついに、チャービルの群生が成功。 昨年、苗から庭へ地植えした一株のチャービルから、種がこぼれて1m四方チャービルでいっぱいになったのです。 ありがたや~ 何を植えても消滅させてしまう、庭 …

ハーブコーディアル

ハーブコーディアルの健康効果とはデトックスできる美味しい飲み方

ハーブコーディアルってご存知ですか? 果実やハーブから作る、甘い飲み物です。 ハーブを使っているだけあって、何とも言えない良い香りと美味しさが魅力的です。 コーディアルは英語で「cordial」、真心 …

ハーブコーディアルの作り方

美味しいハーブコーディアルの作り方~手作りでも効果ばっちり!

今回はハーブコーディアルの作り方をお届けします。 手作りでもちゃんと美味しいし、ハーブをしっかり使うので、ヘルシーです。 酸味も甘さも自分好みに調整できますよ。 そもそもハーブコーディアルって、買うと …

よもぎの効能について

ヨモギの効能クロロフィルのデトックス効果で冬の毒を出し切ろう

4月から5月は暖かくなってきて、いろんな植物がもりもり元気になってきますよね。 新緑を楽しめる過ごしやすい時期ですが、庭の雑草に手を焼く時期でもあります。 ゴールデンウィークに実家へ帰ると、 母が「畑 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。