季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

クリスマス

ポインセチアのクリスマス後は?春や夏のお手入れ方法

投稿日:

ポインセチアのクリスマス後の手入れ

クリスマスの雰囲気をポインセチアで楽しんだら

その後は、どうしたら……?

せっかくなら春も夏も、翌年のクリスマスも楽しみたい!

そんなあなたに、ポインセチアのクリスマス後の管理方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ポインセチアのクリスマス後の管理方法

ポインセチアはクリスマスの後もしばらくは、赤い葉をつけたままです。

綺麗なうちはそのまま、楽しみましょう。

その前に、まずはとにもかくにも、冬を越さないと!ですよね。

ポインセチアは暖かくて、日当たりと風通しの良い環境を好みます。

気を付けることは

  1. 水やりは土が乾いてから
  2. 15℃を下回るところに置かない
  3. 風通しのよく日当たりの良い場所に置く

などです

もっと詳しく!!!と思った方はこちらもどうぞ!

ポインセチアの育て方は?水やりの頻度と鉢の置き場所

ポインセチアの春の手入れ

ポインセチアの管理で春にすることは

  • 剪定
  • 植え替え
  • 肥料
  • 置き場所を変える

霜の心配が、なくなった時期に行なうのがポイントです。

剪定では思い切って切り落としてしまいますが、暑い土地が原産地だけあって、暖かくなるとともにみるみる成長していきます。

それだけ栄養もお水も必要になってくるので、忘れないようにしましょうね。

ポインセチアの夏の手入れ

夏の間の手入れは、

スポンサーリンク
  • 肥料をあげる
  • 置き場所を必要に応じて変える
  • 剪定は遅くても6月にはしておく

6月になると、日本では梅雨にあたりますね。

多湿に弱いポインセチアは、梅雨の季節が苦手です。

あまり雨が続くようなら、軒下に避難させましょう。

乾燥気味で機嫌よく育つので、水やりは特に必要ありません。

また気温が急上昇する7月や8月は、葉焼けの心配があります。

気温が高く、日差しが強いときは半日陰の風通しの良い場所へ移しましょう。

肥料は春に引き続き与えますが、35℃を超え生育が一時ストップしているようなら肥料も控えます。

ポインセチアの秋の手入れ

秋になり涼しくなってくると、だんだん生育も落ち着いてきます。

生育の落ち着きに従って、水やりや施肥もやめていきます。

  • 短日処理
  • 肥料を控える
  • 室内で管理する
  • 水やりは朝する

秋はポインセチアにとって大切な、「短日処理」を行なう季節です。

 短日処理とは、日射時間を制限してポインセチアを色づかせる作業です。 

これをしないと、綺麗な葉色が出ません。

短日処理をしたからといって、すぐに色づくわけではないので、9月に入ったらすぐ行うのがおすすめです。

短日処理が終わってもすぐには色づきませんが、だんだん色が出てくるので焦らなくても大丈夫です

肥料は10月になったら必要としなくなります。

このころには忘れずに、室内に取り入れるようにしましょう。

ポインセチアのクリスマス後のまとめ

寒さが苦手で、あったかいのが好き。

でも暑すぎるのは苦手~という手のかかるポインセチア。

自分の手で色づかせたポインセチアは、よりきれいに見えるかも!

せっかく手元にあるなら、冬越し夏越しに挑戦してみては?

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-クリスマス


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー