季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

冬至

冬至の食べ物は「ん」が付くものがいい!理由とメニュー

投稿日:

冬至の食べ物は「ん」が付くものがいい?

冬至には「冬至の七草」と、呼ばれる食材があります。

どれも、食材の中に「ん」が二つずつ付いた食材です。

いくつ思いつきますか?

わたしは「にんじん」位しか思いつきませんでした。(笑

「冬至の七草」には、身近な食材が多くあるので、冬至のメニューは少し意識するだけで簡単にできそうです。

スポンサーリンク

冬至の食べ物は「ん」が付くものがいい?!

冬至は一年で、一番お日さまが出ている時間が短いことが知られていますね。

太陽が出ている時間が一番短い、ということは、これから太陽の出る時間が増えていくとも言えます。

このことから、 太陽がよみがえる日、”運”が上がっていく日として縁起を担ぐ意味で「”ん”=運」のつく食べ物を食べる習慣ができたようです 

冬至の食べ物「冬至の七草」とは

【冬至の七草】

  1. かぼちゃ  :な
  2. 人参    :に
  3. 蓮根    :れ
  4. 金柑    :き
  5. 銀杏    :ぎ
  6. 寒天    :か
  7. うどん   :う
うどんは江戸時代には、「うんどん」や「うんとん」と呼ばれていたそうです。

「ん」がふたつ含まれている食材って、あまり浮かんでこなかったんですが、意外とありますよね。

スポンサーリンク

いわれてみると「ああっ」となりませんか?

脳トレみたい…。

冬至の食事メニューの妄想…

我が家での、今年の冬至の食事メニューを妄想してみました。

うどんをベースに人参やレンコンを細かくして、あんかけで食べても美味しそう。

銀杏はぜひ、茶わん蒸しに入れてもらって、

金柑は、寒天と合わせて柑橘系のさっぱりデザートにしましょうか。

かぼちゃは小豆と炊いて、「いとこ煮」にしてもいいですよね。

かぼちゃは体を温めるので、慢性の疲労感を解消する手助けをしてくれます。

小豆は強い利尿作用がありますから、むくみもとってくれそう。

冬至の養生食のメインメニューになります。

※ちょっと絵面が地味目ですが…そこは、行事食ということで。

あったまる食卓になりそうです。

他にも!冬至に食べられる食材紹介

こんにゃく
「すなおろし」と呼んで、主に北の方で食べられています。

こんにゃくには食物繊維が多く含まれていますから、便通が良くなりますよね。体の中のお掃除をするには最適な食材です。

この「すなおろし」は、昔いらしたお坊さんから始まったようです。

「冬至の日に煩悩を落とす」=「こんにゃくを食べて体から砂(老廃物)を出す」にかけたことがきっかけになったといわれます。

小豆(あずき)
日本では、昔からお祝い事や何かの節目には、お赤飯をたいていましたよね。

古くから「赤い色」は邪気を払うとされていました。

冬至の食べ物は「ん」が付くものがいい?!のまとめ

冬至の食べ物といえば、「かぼちゃ」別名”な

他にも、にんじん、れんこん、きんかん、ぎんなん、かんてん、うんどん。

見事に食材の中に、「ん」がふたつも入っています。

季節的にちょうどとれるものばかりで、栄養や健康効果の面から見ても理にかなっています。

全体的に便通を良くして、卒中を防ぎ、体を温めるなど体を養生する効果に優れた食材ばかり。

冬至の日は体の内側から温めて、これからのぼってくる太陽と一緒にますます精力的になれるよう、養生しましょう。

芯から温まる冬至になりますように。

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-冬至


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー