季節のはなし

季節の行事や自然のことをつづっています。気軽に寄ってってね。

お盆

お盆にお供えする果物の選び方と盛り方

投稿日:

お盆にお供えする果物

お盆のお供え物の定番、果物についてです。

果物をお供えにするなら、お店の方に「お供え用です」とお伝えすれば、体裁の整った品を用意してもらえます。

でもそうすると、結構な金額になりますよね。

それほどルールに厳しくない家庭のお仏壇であれば、自分で買ってきた果物をお供えしてみてはどうでしょうか。

好きな果物を、好きな数だけ用意することができます。

気兼ねなくお供えすることができるので、かなり気が楽です。

果物もお供えされると、仏様とご先祖様が喜ぶものです。

買ってきた果物を供えるときのマナーをお伝えします。

スポンサーリンク

お盆にお供えする果物のおすすめ

お供えの仕方は、お仏壇のある家庭により様々です。

  • 丸い果物はご先祖様が喜ぶので、そのままの形でお供えする
  • 切って(むいて)、すぐに食べれるようにしてお供えする
    ※金属のフォークなどは添えない。

私の実家では、そのままの形でお供えしていました。

嫁ぎ先のお仏壇は、食べられるようにお供えしたり、そのままの形だったり…

あなたのご実家のお仏壇では、どうしていますか?

果物を自分で選びに行くなら、どのようにお供えするか確認してからのほうが良いですね。

それらを踏まえて、お盆のお供えに向く果物は…「その季節の果物」で問題ありません。

お盆時期、手に入る果物は
桃、梨、リンゴ、ミカン、メロン、スイカ、マンゴー、キウイ、などなど

季節の果物とはいっても、便利なことにたくさんの果物が手に入ります。

中でも、お供えに向いている果物の選び方のポイントをお伝えします。

日持ちする果物

夏場の暑い季節に、お仏壇へお供えする果物です。

丸のままお盆の間、お供えをするのなら、できるだけ青い、熟していないものを選びましょう。

進物用の果物のように、お盆の間ずっとお供えできます。

もし「すぐ食べられるよう」にしてお供えするなら、長い期間お供えせず数時間でお下げすると思います。

ちゃんと熟した果物を選んで良い、ということですよね。

また、お下がりを集まった親戚みんなで、美味しくいただく予定であれば、それほど神経質にならなくてもよさそうです。

なにより、みんなで楽しく美味しくお下がりをいただくのが、大切な供養になります。

ご先祖様の好きな果物

お供え物の果物は、仏様とご先祖様に喜んでもらうことが目的です。

スポンサーリンク

生前お好きだった果物をお供えすると、より喜んでもらえそうですよね。

お供えの果物は奇数で用意する

果物をお供えするなら、数を3、5、7個の奇数にします。

お供えの果物の盛り方とお仏壇への置き場所は?

お供えの果物の盛り方

本当なら、高坏(たかつき)や盆といわれる、お供え用の仏具に盛りたいところですが、もしもなければお皿に盛ります。

器へは直接盛らず、半紙の上に果物を盛っていきます。
※半紙がなければ、無地の白い紙を代用します。

果物の盛り方は、あまり器からはみ出さないよう、でも貧相にならないようにこんもりと盛るように心がけます。

丸供物台(お盆用お供え皿) タメ塗り 8寸(一個) 皿直径24cm×高さ7.6cm【お盆用品 仏具 お盆 お盆飾り用品 新盆 初盆 盆棚 精霊棚 祭壇 仏壇 経机 飾る 飾り 置く お供え 供物台 供物皿】

果物をお仏壇のどこに置く?

お仏壇には、食べ物をお供えする順番があります。

  1. お仏飯(主食)
  2. お餅
  3. お菓子
  4. 果物

お仏壇の上から順にお供えするので、果物は私たちから見て、一番手前に置くことになります。

お盆にお供えする果物のまとめ

自分で果物を買ってきて、お仏壇にお供えするお話でした。

柑橘類やりんごなど長持ちする果物なら、お供えしている間グジュッとなることもなく、帰宅する家族に分けて、お土産として持って帰ってもらうこともできます。

マンゴーやパパイヤなど、南国フルーツも暑さに強くてお供えしやすい果物です。

ただ年配の方には、南国フルーツに抵抗を持つ方も中にはみえます。

「おじいちゃんは多分好きじゃない」なんて思われそう…と思えたらやめておいた方が良いかもしれません。

お盆にお供えする果物を選ぶなら、家族みんなが抵抗のない果物を選びましょう。

よいお盆を!

スポンサーリンク

おすすめの記事

                                        

-お盆


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー